配送時間

白い喪服ってアリ!?

現代において、あまり見ることのない「白い喪服」ですが
実際に着ていくことは、可能なのでしょうか?

 

もともと日本の文化においては、「喪服と言えば白」という時代と
「黒が基本」という時代を繰り返してきています。
現在のように「黒」が一般的になったのは、明治時代以降
海外の文化が入ってきたことが大きい原因といわれていますね。

 

最近では、中村勘十郎さんの葬儀の際に、奥様が白い喪服を着られて
いたのが記憶に新しいですが、未亡人が着用する場合は「再婚はいたしません」という
深い意味があったりします。

 

普段の葬儀で着ることも、マナー違反ではありませんが
黒が一般的な席においては、確実に目立ってしまいますので
ご自分が故人に対してどのような立場であるのかを考えて
選択した方がよさそうです。

 

礼服レンタル.com