配送時間

不祝儀袋とお悔やみの言葉  【海南、新宮なら明日お届け可能】

不祝儀袋、または香典袋と呼ばれるものは、故人に線香や抹香を
供える代わりに、故人のためにとお金を包んで渡す袋として
使用されます。ですから礼服のポケットより出して、気軽にはいと
渡すのではなく、形式に沿って差し出すのが適切となります。

 

不祝儀袋を渡すタイミングは、一般的には葬儀・告別式の受付の時と
なりますが、近年では通夜の席で先に渡してしまう例も見られます。
同じく葬儀に参列する周囲の人に聞いて合わせるか、自分にとって
都合のよい方を選択するのがよいでしょう。

 

どちらのタイミングを選んだとしても、相手が誰だったとしても、
不祝儀はお悔やみの言葉を添えて渡すということがポイントです。

 

長々と話しているのも迷惑になりますから、場を乱さない程度に
短く挨拶し、どうぞ御霊前、浄土真宗では御仏前にお供えくださいと
一言告げてから、袋の文字が相手から見て正しい方向になるように
渡しましょう。袋は裸で持ち歩かず直前まで袱紗に入れて置き、
袱紗のみ礼服のポケットか、手持ちのカバンに入れて回収します。

 

 

礼服レンタル.com