梅雨時期のため、配送に遅れが発生している地域がございます。
ご予約につきましては、なるべく早めにいただきますようお願いいたします。
遅延情報については、コチラをご覧ください ⇒ ヤマト遅延情報
配送時間

知っておきたい、お悔やみの挨拶 【奈良、橿原なら明日お届け可能】

葬儀に参列する際に、遺族へのお悔やみの言葉は欠かせません。
失礼のない言葉を使い、尚且つ遺族の心を思い遣る言葉ではくては
いけません。ここでは、どのような言葉が適切か、逆に不適切かを
ご紹介したいと思います。

 

4d308afd727758bdc613d93a3959a37b_s

 

:お悔やみの言葉:
・この度は、心よりお悔やみ申し上げます。
短いながらも一番ポピュラーです。間違いようがない言葉なので
お悔やみの言葉に自信のない場合は、この一文で良いでしょう。

 

・突然の事で、言葉が見つかりません。心よりお悔やみ申し上げます。
事故や急病により他界された方に向けてのお悔やみの言葉です。

 

・教えていただきたい事が沢山ありましたのに、言葉もありません。
心よりのお悔やみ申し上げます。
年長者がお亡くなりになられた時に使うお悔やみの言葉です。

 

:お悔やみの言葉のタブー:
重ね言葉と言われる、「重ね重ね」「くれぐれも」「益々」など
の繰り返しの言葉は、不幸が続いていく暗示になりますのでタブー
とされています。また、「浮かばれない」「消える」「壊れる」
などの言葉は不吉な来世を思わせるので、避けなくてはいけない
言葉とされています。さらに「死」という言葉を直接的に使用
するのも、忌み嫌われますのでご注意ください。

 

 

礼服レンタル.com