梅雨時期のため、配送に遅れが発生している地域がございます。
ご予約につきましては、なるべく早めにいただきますようお願いいたします。
遅延情報については、コチラをご覧ください ⇒ ヤマト遅延情報
配送時間

式典では自分の立場と服装を合わせる 【香芝、天理なら明日お届け可能】

礼服を要する式典の場では、常に格式を意識した行動が求められます。
格式というのは身分や家柄、それに伴う礼儀作法のことで、
飾り過ぎず楽にし過ぎず、己が身の丈に合った振る舞いを見せるのが
正しき行動となります。

 

229c5fa58e3897a7cd1fdf58847c9913_s

 

礼服にも格式があるため、式典に出席する時には、まず自分がどの
立場にいるのかで服装を考えることが重要です。一般の出席者なのか
関係の近しさで特別なポジションにいる出席者なのか、それとも
ゲストではなくホスト側の人間なのか、自分が身を置く所を改めて
明確にしていきましょう。

 

立場がはっきりとしたら、その立場にて求められている服装を
準備して当日に備えます。主催が格式の低い格好をしていてはゲストが
困ることになりますし、ゲストとして参加しているにも関わらず、
場の雰囲気を無視した格好をしてしまうと、それはそのままホストの
顔に泥を塗ることへと繋がります。式典で一社会人としての正しい
行いをするために、格式の存在を曖昧なものにしてはいけません。

 

 

礼服レンタル.com