配送時間

葬儀の出席では薄化粧を意識する 【香芝、天理なら明日お届け可能】

女性のメイクは礼服にアイロンをかけるのと同じ、身だしなみを
整えるという意味でのマナーの一つであって、身を飾ることが目的の
全てではありません。よって葬儀の場にも、身だしなみとしての
メイクは必要になります。

 

69c0f7210082d9379e8f442c4ae6465c_s

 

葬儀に出席するにあたっての、メイクの基準は薄化粧にあります。
薄化粧のレベルについては、ナチュラルメイクと大体同じと考えて
おけばOKです。ベースメイクで肌色を整え、眉毛を自然な濃さで
書き、つやのない薄い口紅を塗るという程度の、盛らないメイクを
心がけていきましょう。

 

アイシャドウやチークは色味の強いものを中心に、その多くが
薄化粧としては盛り過ぎの範囲に含まれますが、マスカラを控えめに
つけて、素の目元を隠すぐらいならぎりぎりセーフです。涙でメイクが
落ちた時の状況を想像すれば、加減もなんとなくわかってくるかも
しれません。

 

メイクを終えた後には、礼服も着衣済みの状態で全身を鏡に映し、
顔だけ不自然に浮いていないか、そのバランスを確認しておきましょう。

 

 

礼服レンタル.com