配送時間

喪服に手袋って、してもいいの? 【香芝、天理なら明日お届け可能】

たとえば、真冬の寒い時期にお通夜や告別式に出席ないし
参列する場合、寒さ対策としてそれを凌ぐために手袋を
着用することは許されています。

 

しかし、これも本来的にはマナーに適っているとは言い難く
会場の外においてのみ着けてよいとされる場合もあります。

 

898474c82c4015abe7438cda9f49e2ef_s

 

会場内に入ったのちも手袋を着けていると、それを不快に
感じる他の出席者もいなくはないのです。また、弔事では
殺生を連想させるものは避けられることが基本ですから
皮革製品や派手なファーが付いたようなものは使用しない
方が無難です。

 

このように、葬儀においては、手袋は必ずしも必須のアイテム
であるとは言い難いのです。仮に使用した場合も、焼香の時は
必ず外すようにしましょう。

 

ただし、トークハットと呼ばれるつばのない浅い筒状タイプの
帽子をかぶる場合に関しては、黒の手袋の着用がマナーとして
義務付けられています。

 

洋装における第一礼装――喪主や親族が身に着けるものとして
これらの組み合わせは浸透しています。

 

 

礼服レンタル.com