梅雨時期のため、配送に遅れが発生している地域がございます。
ご予約につきましては、なるべく早めにいただきますようお願いいたします。
配送時間

自分の立ち位置を考えて礼装を決める 【五條、御所なら明日お届け可能】

背筋をピンと伸ばすがごとく、礼服を以て式典に臨むのは言うまでも
なく良いことです。しかし、格式というものをまったく考えずに雰囲気
だけで礼服をチョイスしてしまっては大問題と言えます。

 

ab5b0cee51fe4da7b51fcc528a7956ba_s

 

たとえば主役のはずが略式の礼服を着ていたり、単なるゲストが主役を
喰ってモーニングコートを着て出席しているかのような、チグハグな
事態になってしまうことだけは避けなければなりません。

 

常に自分がどのような立場ないし立ち位置にいるのかをよく理解した上で
服装を選びましょう。

 

正礼装は最も格式の高い服装で、たとえば結婚式では本来的にはゲストを
迎えるホストの立場の人たちが身に着けます。新郎新婦の両親や媒酌人、

親しい親戚などがそうです。準礼装はそれに準じる格式の服装で
親族や主賓が着用します。

 

また、その他の出席者が身に着ける略礼装はこれらの中で最もラフな
スタイルと言えるでしょう。ネイビーや灰色の無地のダークスーツが
これに当たります。

 

ともかくも、自らの立場と式典の格式、あるいは様式を照らし合わせて
間違いのない選択をしてみてください。

 

 

礼服レンタル.com