配送時間

葬儀で許されるアクセサリーは? 【五條、御所なら明日お届け可能】

礼服の中の、喪服というカテゴリに限った場合には、アクセサリーの
おしゃれは不必要なものでしかありません。ゴージャスだろうと
質素だろうと、アクセサリーの定義は装飾品にあり、身を飾るために
存在するものだと認識されているからです。喪服で出席する場に、
身を飾って臨む必要はないという考え方です。

 

d59a3fcf0707ceb9f82a4fd7bae450b5_s

 

しかしアクセサリーを、礼服や喪服の必需品と捉えている方も
一定多数おり、それをつけるのが当たり前という空気のある場では、
正当な着こなしをするために使用をせざるをえないこともあります。
喪服スタイルで持っていてよいのは、涙を象徴するパールのみと、
アクセサリーをOKとする考え方にもルールがありますので、
それに従って小さめのパールを選んで使用していきましょう。

 

悲しみが重なる、不幸が長引くといった意味にとれる二連やロングの
デザインや、大きいパールをふんだんに用いた派手さを感じさせるもの、
パール以外の宝石が付けられたアクセサリーなどは避けるように
して下さい。

 

 

礼服レンタル.com