配送時間

通夜に喪服は絶対にダメなのか? 【天理、大和高田なら明日お届け可能】

不幸が起こる前からそれを予想していたようだからという理由で、
通夜の喪服はタブーとされていた時代もありました。連絡手段が
発達しておらず、手軽に礼服を買えるお店もなく、自宅の礼服を
クリーニングに出すにも手間と時間が必要だった昔の風潮です。

 

888366a5199bc242c16df57adb0fab2d_s

 

携帯が普及し、お店が増え、交通の便が良くなりネット通販でも
喪服一式が揃えられるようになった昨今では、突然の事態に喪服を
着ていったとしても、おかしいこととは言えません。結果タブーと
いう概念は曖昧なものになり、身だしなみのルールに則って、
着用される方が多くなりました。喪服の用意が難しくない中で、
完全に普段着で赴く方が、変わっていると評されてしまうほどにです。

 

それでも昔ながらの慣習を守り続けている地域では、昔の印象のままに
眉をひそめられることもあります。大切なのは世間一般の認識ではなく、
自分の気持ちでもなく、遺族がどう思うかですから、状況によって
着用するしないの判断をするのが確実な方法といえるでしょう。

 

 

礼服レンタル.com