梅雨時期のため、配送に遅れが発生している地域がございます。
ご予約につきましては、なるべく早めにいただきますようお願いいたします。
遅延情報については、コチラをご覧ください ⇒ ヤマト遅延情報
配送時間

喪主は本来、正礼装がふさわしい 【桜井、葛城なら明日お届け可能】

家族葬を筆頭に、しめやかに行う現在式の葬儀が増えてきたことで、
葬儀にまつわる多くのことは簡略化の一途を辿っていますが、
一方で根深く残るルールもというものもあります。例えば礼服の
ルールです。家族のみ親戚のみで集まる式だったとしても、
礼服を着ず普段着で参列するのは許されません。

 

その格式の選択のみで見れば、時代の流れに沿って順繰りに位を
落としつつあることが伺えますが、それも本来では歓迎されないことです。
特に喪主は一般参列者と線を引くためにも、略礼装より正礼装を
選ぶべきだとされます。喪主がダークスーツやブラックスーツを
着てしまえば、それより格式の低い喪服を着なければならない
参列者の選択肢がなくなってしまうからです。

 

モーニングコートを着たり和装をしたりするのは、喪主としての
務めの一つともいえます。喪主が正礼装をしないなら、誰も正礼装を
着られません。正礼装をしなければマナー違反である、というほど
極端に考えずとも良いですが、正礼装を選ばないにせよ準礼装より下は
選択しないのが無難です。

 

 

礼服レンタル.com