配送時間

弔問って何? 【宇陀、五條なら明日お届け可能】

弔問の意味は、亡くなられた方の家を訪問して、お悔やみを
言うことです。通夜も葬儀も、広くは弔問であり、また与えられた場に
参れなかった場合に、日数を空けて個人的に弔いのために
尋ねることも同じく弔問と表現します。

 

亡くなられた方を悼み、遺族にお悔やみを述べるのが弔問の目的であり、
事情はどうあれ単に顔を出して挨拶するだけでは弔問にはなりません。
服装として礼服が厳守されるかは、置かれた状況にもよりますが、
最低限焼香までは行われるのが一般的です。

 

弔問にて、優先されるべきは遺族の都合であり、訪問する者の意思や
都合で行動を決めるのはよくないことです。葬儀に出られないから
通夜にと、考えるのは自然な成り行きかもしれませんが、
遺族にとって想定外の客とならないように気をつけましょう。

 

通夜でもなく葬儀でもなく、後日に弔問しようという時には、
先に遺族に連絡をし、訪問の旨を告げてから向かう形をとってください。
礼服を着ないにしても、招待されて訪ねるのではないのですから、
カジュアル感の強い格好はよくありません。

 

 

礼服レンタル.com