配送時間

結婚の挨拶は、言うべきことを決めておく【御所、京都なら明日お届け可能】

プロポーズにて愛を確かめ合ったその後には、パートナーの両親へ
結婚の挨拶をするという、一大イベントが待っています。
相手を通じて、既に籍を入れることへの意思疎通は成されていたとしても、
軽々しく挨拶に臨むのはよくありません。形式的なものと
なあなあに済ませようとするのではなく、家族の一員となることを
認めてもらうために、誠意ある行動を心がけましょう。

 

気合が入り過ぎていざ両親を目の前にした時に、緊張で何も
話せなくなってしまうというのもよくある話ですから、第一声で
何を言うか、挨拶の内容はあらかじめ決めて備えておくのが良いです。
パートナーとの出会いからくどくどと語るのは一方的な振る舞いであり、
ご両親にも迷惑となりますので、言うべきことを絞って望みたい所です。

 

挨拶の内容自体が真剣なものだったとしても、ジャージや派手な
ジャケット、ダメージジーンズなどのカジュアルな服装で挑んでしまうと、
いかにも軽い印象になります。礼服でなくても、落ち着いた色の
スーツなど、礼服的な雰囲気を出せる服で、真面目さを出して
いきましょう。

 

 

礼服レンタル.com