配送時間

招待状の切手【御所、京都なら明日お届け可能】

結婚式の招待状は郵送か手渡しか、いずれかの方法を選んで
相手へと届けるようにします。頻繁に会う友人や職場を同じくする
同僚など、日常的に顔を合わせている相手に対しては、手渡しの方が
コミュニケーションを高めるにも有効ですが、タイミングが悪く
なかなか時間がとれないというなら郵送で早々に届けてしまった方が
無理がありません。予定を空けたり礼服を用意したり、会場に向かう為の
交通機関の予約を行ったりと、出席者にはいろいろと準備が
要るものですから、招待状は余裕をもって渡せるようにして下さい。

 

郵送では多く、切手を使用して封書の形で招待状を送ることになりますが、
この際に選ぶべき品として、専用の慶事用切手というものがあります。
扇に松や竹が描かれた、寿切手とも呼ばれるその品は、最寄りの
郵便局で購入が可能です。普通の切手を使った所で、結婚式での、
男性の礼服の黒ネクタイほど忌避されはしませんが、ご年配の方の中には
気にされる方も多いので気を付けておきましょう。

 

 

礼服レンタル.com