配送時間

ご祝儀に適した金額【木津川、八幡なら明日お届け可能】

ご祝儀には「縁起の良い」「おめでたい数字」の額を入れるのがマナーです。

 

昔から偶数は「割り切れる」といいうことでお祝いの席ではイメージが

悪く避けられてきました。なので、基本的には割り切ることのできない

奇数の数がおめでたい数字とされています。

 

しかし、「8」だけは偶数であっても例外として扱われます。
8は昔から末広がりの数字とされ、幸福がいつまでも未来永劫

続いていくという意味があります。なので、8万円は偶数であっても

相手には喜んでもらえるので包んでも問題はありません。

 

また、10万円もキリの良い数字として相手に喜ばれるでしょう。
特に甥や姪、孫といった近い間柄で自分よりも年の下の者には

10万円を包む場合が多いようです。

 

新郎新婦との間柄をよく考えてご祝儀に包む額を決めましょう。

その際「縁起の良い数字」に注目すれば包む額で失敗することはありません。

 
礼服レンタル.com