梅雨時期のため、配送に遅れが発生している地域がございます。
ご予約につきましては、なるべく早めにいただきますようお願いいたします。
配送時間

携帯でのカメラ撮影は要注意【京田辺、向日なら明日お届け可能】

マナー上では式場はもちろん、披露宴の場であっても携帯は

クロークに預けるのが正しい行動となっています。

 

ただ最近では、業務上連絡手段は手放すことができないという

人に配慮して、マナーモードにしておけばいい、会場内で使用

しなければよいなど緩いボーダーが引かれている場合がありますが

それは暗黙の了解であって許容ではありません。

 

持ち物検査が無いからと言って式の最中に平気で触って良い

というものではないのです。

 

最近では披露宴の最中に携帯のカメラで撮影する人も珍しくは

ありませんが、それは厳密にはNGとされています。カメラという形を

持たない携帯はどうしても軽いものに見られますし、SNSに投稿

される可能性も高いため写真に写ることを嫌がる人も大勢います。

 

そもそも、新郎新婦がゲストの写真撮影に関して寛大なのは

そこに記念撮影の意味が含まれているからです。携帯での撮影は

現像されることが少なくまた、ボタン一つでインターネット上に拡散

されてしまいます。そのため携帯での撮影は歓迎されることでは

ありません。

 

新郎新婦を含め周りの参加者の目が気になるのであれば、持ち込んだ

形態はなるべく触らないでいるのが賢明です。

 

 

礼服レンタル.com