配送時間

結婚式での衣装マナー【京丹後、綾部なら明日お届け可能】

参列者が結婚式や披露宴で身に着ける装身具は、衣装同様

その日の主役である新郎新婦の「晴れ舞台」に適したものを身に

つけなくてはなりません。男性であればスーツとネクタイ、女性で

あれば小物入れやハンカチ、指輪、ネックレス、リストバンド、

髪飾りなどです。

 

ここで男女別におおそよそのガイドラインを紹介します。

 

〇男性の衣装
男性はスーツやネクタイ、カフスボタンなどがありますが、特に気を

遣うのはなんといってもスーツとネクタイです。

 

スーツはチャコールグレーや濃紺、ネクタイは光沢のある白やシルバー

が無難です。黒は縁起が悪いため、柄が入っていてもNGです。

 

〇女性の衣装
ここでは装身具と小物類に限定し、30~40代の女性を例にお話し

します。まず、肌の露出が多いものや白い色の服は厳禁です。靴は

服装に合わせた色のパンプスなどを履きましょう。ただし、素足と

オープントウタイプのものは避けましょう。

 

 

礼服レンタル.com