台風の影響により、配送に遅延が生じる可能性がございます。
ご予約の際は、なるべくお早目にお願い致します。
台風情報については、コチラをご覧ください ⇒ 台風情報
配送時間

不祝儀袋を渡す時のマナー【京丹後、綾部なら明日お届け可能】

香典袋とも呼ばれることもある不祝儀袋ですが、弔事

においてはこの手渡し方にもマナーが存在します。

 

まず、言うまでもないですが不祝儀袋を裸のまま持ち歩く

ことはよろしくありません。きちんと袱紗に包んでから葬儀

会場に赴きましょう。

 

また、何度も不祝儀袋を渡そうとすることもマナー違反に

なります。これは、不幸が重なることを連想させる言葉や

行為を忌むことに準拠した常識です。

 

お通夜と告別式の両方に出席する場合も、お通夜の時に

一度だけ渡すように注意しましょう。

 

ちなみに、不祝儀袋に入れるお札は古いものの方が良い

とされています。新札を入れてしまいがちですが、不幸のため

にあらかじめ用意しておいたという考えから、新しいお札の使用

は避けられています。

 

不祝儀袋は袱紗から丁寧に取り出し、両手で受付係の人に正面

になるように方向を整えてから手渡ししましょう。このとき、お悔や

みの言葉を一言添えるのが弔事におけるマナーとされています。

 

 

礼服レンタル.com