台風の影響により、配送に遅延が生じる可能性がございます。
ご予約の際は、なるべくお早目にお願い致します。
台風情報については、コチラをご覧ください ⇒ 台風情報
配送時間

葬儀でのメガネマナー【南丹市、宮津市なら明日お届け可能】

お通夜や葬儀といった弔事では、とにかく光物を身

に着けないよう注意しなければなりません。スーツの

生地ですら、反射しづらい素材が使われているという

ことをきちんと理解しておきましょう。

 

その上で、普段から身に着けているものも弔事の

マナーに則っているかどうかを判断していかない

といけません。

 

身近なものにも関わらず、なかなか気の回らないものの

代表として「メガネ」が挙げられます。メガネは顔の一部

という言葉があるよに、もはや顔の一部となっていて肉

体との一体感が常の形となっているからでしょう。

 

しかし、当然メガネにも「弔事のドレスコード」は存在します。

 

まず、金色に輝くような派手なフレームは言うまでもなく

NGです。柄は黒やグレー、ブラウン、シルバーといった

落ち着きのあるものを選びましょう。

 

一見、相応しく思える黒ぶちメガネですがフォーマルな場

ではふさわしくないとされており、マナー違反になります。

メガネだからと言って軽く侮ってはいけません。

 

 

礼服レンタル.com