配送時間

法要にはどんなものがある?【南丹市、宮津市なら明日お届け可能】

一部の宗派を除き、仏教では亡くなった人はすぐ

には極楽浄土に向かわず、葬儀の後も49日の間は

成仏せずに現世をさまようを考えられています。

 

亡くなった日から七日に一度、七度の審判を受ける

までは進むべき道を指し示してもらうことができない

からです。

 

遺された人は、亡くなった方が良い道へ進むことが

できるように審判の度に冥福を祈り供養を行ないます。

これは「中陰法要」と呼ばれ、初七日をスタート49日

まで続きます。

 

葬儀後に七日目に初めて行う法要のことを基本的に

は「初七日」と呼ばれます。近年では、告別式の後に

済ませることも多いですが、本来のルールではあの

世の審判に合わせます。

 

ただ、順序に変化があったとしても、故人のために祈る

ということに変わりはありません。以降は正しい日数ごと

に二七日、三七日、四七日、五七日、六七日と行事を

重ね、49日目で故人の魂が家を離れるため一区切り

となります。

 

その後は、百日目、一周忌、三回忌と追善の供養の

機会は設けられ三十三回忌や五十回忌に至るまで

しめやかに弔うのが習いです。

 

 

礼服レンタル.com