お盆の交通量増加により、配送に影響がでる可能性がございます。
ご予約につきましては、なるべく早めにいただきますようお願いいたします。
配送時間

最近の通夜での服装事情【南丹市、宮津市なら明日お届け可能】

通夜は、故人がなくなった当日やその翌日に行うた

め、連絡を受けて急いで駆け付けたという流れを汲

むために黒を意識した平服やブラックフォーマルを

着て行くのが、長年正式なマナーとされていました。

 

予知できないはずの突然の訃報のはずなのに、喪服

を着て駆け付けるとあたかも不幸を待っていたかのよ

うな不謹慎さがあるという考えが、以前の時代では当

たり前の考えでした。

 

しかし、現在の通夜は、親族や友人などの近しい関係

の人が故人の冥福を祈る場所から、事情により葬儀に

参列できない人が代わりに出席する場に変化しつつ

あります。そのため、服装に対する考え方も変わりつつ

あります。

 

故人との最後のお別れをするのにふさわしい服として喪

服を着用する人も増え、また柔軟な思考を持ちやすくなっ

たこともあり、表立っての批判は少なくなりました。

 

さらに、喪服を用意するのに時間が必要だった過去とは違

い、今では知らせを受けてから喪服を調達することも不可能

ではなくなりました。マナー以前に、通夜の場で喪服はふさ

わしくないとする理由自体が、すでに破綻しているのです。

 

 

礼服レンタル.com