配送時間

葬儀での正座事情【大津市、草津市なら明日お届け可能】

仏教式の葬儀では、畳の上で正座をしていることが

大半になります。現代人にとって、慣れない喪服を

着た状態で長い読経の間中正座をし続けることは

なかなかの苦行でしょう。

 

マナーの面から、正座がふさわしい指定であることは

言うまでもありません。しかし、苦痛をずっと我慢して

足がしびれ、まともに立てなくなるくらいなら足を途中

で組み替えた方がましなこともあります。

 

我慢の限界を超えまともに立てないなど、誤魔化し

ようのない失敗をする前に足を崩しましょう。

 

場の雰囲気によっては、葬儀が始まる前に「つらい

ようなら足を崩して構わない」と住職から一言声を

かけてもらえることがあります。

 

葬儀では、喪服など多くの守らなければならない

ルールが存在します。ですが、正座の厳守はそれ

ほど優先されるべきルールではありません。足が

しびれ、どうしようもなくなる前に、足を崩すか、それが

咎められるようであれば初めから喪主に相談し、許可

を取るか椅子を借りるかなどをしておきましょう。

 

 

礼服レンタル.com