台風の影響により、配送に遅延が生じる可能性がございます。
ご予約の際は、なるべくお早目にお願い致します。
台風情報については、コチラをご覧ください ⇒ 台風情報
配送時間

喪主は一目でわかる服装を意識【長浜市、東近江市なら明日お届け可能】

葬儀での服装は、故人との距離で纏う衣装の格が

決まります。一般弔問客を含め、本人の意思は関係

なく、自分の立場にあった服装をするのが暗黙の

ルールになっています。

 

喪主であれば、葬儀参列者の中でもはっきりと縁者

とわかる正式な喪服の着用が決まりです。男性は黒

羽二重の五つ紋付羽織袴かモーニングコート、女性

は五つ紋付の黒無地着物か、同じく黒無地長袖のフ

ォーマルドレスが基本です。たとえ暑くても、人目のあ

る場では着崩さないよう心がけましょう。

 

ボタンやバックルは光沢のないものを選び、派手な装

飾品や柄物をさけるのは一般参列者と変わりません。

慣れない服装で慣れない行動を強いられることになり

ますが、遺族代表として恥ずかしくな振る舞いをできる

よう留意しましょう。

 

喪主でも通夜の席であれば略礼服が許されています。

しかしそれは親しい人だけの集まりなら畏まりすぎなく

て良いというだけの話です。葬儀同様多くの参列者が

予想される際は、服装も改まったものにするべきです。

 

 

礼服レンタル.com