配送時間

通夜で喪服着用はタブーではない?【守山市、栗東市なら明日お届け可能】

通夜は基本的に、知人や親せきがなくなった当日も

しくは翌日に営まれることが多いため、仕事帰りに急

遽駆け付ける人も多いようです。そのため、通夜にき

ちんとした喪服で行くと「不幸を案じていたのでは?

」と逆に失礼になることもあります。

 

よって、通夜に参列する際はダークスーツに黒ネクタ

イの平服でも決して不自然ではありません。ですが最

近は少しずつ風潮が変化しつつあります。通夜が翌

日以降に行われる場合、喪服を用意することが出来

ないわけでもないため。平服または喪服でも参列でも

構わないという風潮になってきています。

 

もしも通夜の日程までに1日や2日のインターバルがあ

る場合は喪服を着ていった方が遺族や参列者への礼

儀とも言えます。通夜に喪服を着ていきたくない場合

は、男性はブラックスーツに黒ネクタイ、ベルト、光沢の

ない黒の靴と着用しましょう。

 

女性であれば黒のワンピースがアンサンブルで参列し

ましょう。手や足が半分以上覆うよう、五分丈の物を着る

のがベストになります。ちなみに、喪服を着る場合は必ず

黒ストッキングに光沢のない黒の靴を着用するのが鉄則です。

 

万一平服で駆け付けるときは、素足は絶対に避けましょ

う。もしもなければ最低でも黒の靴下を準備しておきましょう。

 

 

礼服レンタル.com