配送時間

男性が知っておくべき喪服マナー【湖南市、野洲市なら明日お届け可能】

喪服にはモーニングなどの正礼装から、ブラックス

ーツなどの略礼装まで様々なものがあります。男性

は仕事の関係で家庭外の葬儀にも参列することが

多いため、失礼のない喪服を選択することが大切です。

 

通夜に参列するときは、遺族よりも格が上にならない

ようにブラックスーツなどの略礼服を選びます。もしこ

こで普段来ているスーツを着て行ってしまうと「あの

人の服装はだらしない」と不信感を持たれる可能性

があります。ただ黒い服を着ていけばいいのではな

く、仕事用のスーツとは別の喪服を用意して参列す

ることが大切なのです。

 

男性の葬儀の服装としては、ブラックスーツに白シ

ャツ、黒のネクタイに靴下、靴を着用し、アクセサリ

ーなどの装飾品は一切身に付けないのが一般的

です。通夜に関してはグレーのスーツでも問題な

いようですが、光沢や派手なデザインのものはNGです。

 

葬儀は故人に対し、哀悼と感謝の意を示す儀式

です。そのため、参加者は個人に敬意を払い、故

人や遺族よりも目立つ服装の参列を避ける必要が

あります。男性は紳士として、誠実で配慮ができる

姿勢が強く求められます。汚れた格好で場の空気

を乱すことは故人や遺族に対しての侮辱行為と同

じです。参列の際は服に汚れがないか確認してお

くことが大切です。

 

 

礼服レンタル.com