配送時間

袱紗のマナー【湖南市、野洲市なら明日お届け可能】

金包は袱紗やふろしきに包んで持参するのがマナ

ーです。袱紗はあまり日常で使うものではありませ

んが、冠婚葬祭の席などでは必要になります。慶

事、弔事のどちらでも使えるのは紫色のものになり

ます。

 

袱紗の包み方は慶事と弔事では正反対になって

います。今回は弔事の場合の包み方をお話しま

す。まずは爪が左に来るように開きます。金包は中

央やや右寄りに置きます。そしてまずは右からたた

みます。次に下、上の順にたたみ、爪側を左から右

にたたみます。最後に爪をかけてます。

 

渡す際、弔事の場合は右手に袱紗をのせ、左手で

袱紗を開き中から不祝儀袋を出します。不祝儀袋

は向きを変えて、相手から見て正面になるようにし

てわたします。袱紗をたたんでから受付台に置き、

両手を香典などの不祝儀袋に添えて渡しても良い

のですが、たたんだ袱紗や金封袱紗の上に香典や

不祝儀袋を乗せ、受付に渡してもよい。

 

 

礼服レンタル.com