礼服のレンタルなら、お任せ下さい

HOME > お役立ち記事リスト > 最初に買う喪服は、何がいいのか?

最初に買う喪服は、何がいいのか?
喪服の写真02
急にお通夜や告別式に行かなければならなくなって、困ったことはありませんか?そんな時のために、喪服は用意しておきたいものです。大切な方とのお別れに喪服を持っていないので行けなかったということのないように準備しておきましょう。女性の場合、最初に買うべき喪服は迷わずにワンピースにジャケットやボレロのついたアンサンブルをお勧めします。これは季節を問わずに着られるからです。ワンピースは半袖か五分袖、真夏にはこれだけで参列することができますし、真冬にはワンピースの下に温かいインナーを重ねると対応できます。喪服は持っていると、いざという時に慌てずにすみます。膝頭が出ない長さのワンピースで身体の線がでないようなデザイン、サイズを選びましょう。材質は柔らか目の上質なものを揃えておくと安心です。みなさんが黒の喪服を着て集まる場所へ行く場合、同じ黒でも上質なものとそうでないものの差が出ます。上品で仕立ての良いものを選びましょう。男性は黒の略礼服を用意しましょう。スタイリッシュな黒のスーツでも良いように思いますが、それは違いますので間違えないようにしてください。略礼服が一着あれば、どんなときにも対応できます。いざという時に慌てないように、この文章を読まれて気づかれた方はぜひこの機会にご用意してください。

喪服がない場合、いつ何時にどんな事が起こるかわからないので、事前に購入しておくことをお勧めします。学生の時は制服やリクルート用のスーツで代用していたとしても、社会人ともなると急な葬儀になり、喪服の用意がありませんでは相手に失礼になってしまいます。そのような事のないよう、自分のサイズにあったキチンとした喪服が必要です。では、喪服がない場合、どういったものを購入すれば良いのでしょうか。まず、あなたが何年、同じ喪服を着るのかを考えます。喪服は、一年に一度必ず袖を通すものでもありません。しかし、多い年は何度もクリーニングに出すこともあるでしょう。買ったからと言って着る機会があるとは言えない為、成人女性が購入する場合はあらゆる状況を考えなければなりません。もし、あなたが数年後に妊娠していたら、どうでしょう。その為にマタニティの喪服は用意すべきでしょうか。答えはノーです。考えたくはないですが、近親者として出席することはないでしょうか。十分にありえることだと思います。ですから、喪服がない場合に最初に買うべきは、どんな時でも対応できるシンプルなワンピースか、アンサンブルが良いと言えます。黒で光沢のないシックなワンピースかアンサンブルであれば、マタニティでも、年を取ってもどんな場合にも対応可能な正喪服です。定番のシンプルな形こそ利用幅が広く長く着られるのです。
喪服の写真01

喪服の写真03
社会人になると突然の弔事などに出向く機会も増えてくると思います。学生の頃は制服と言うフォーマルがあったので気にすることはありませんが、社会人になった時に喪服と呼べる物を持っていないのは少々問題があります。では、何を選べば良いのか?持っていると助かる物をあげていきましょう。まず、黒のワンピースは必須と言っても良いほどの物です。黒と一言で言っても色々な物があります。喪服としての着用になりますので、スーパーブラックや漆黒と呼ばれる色の物を選んで下さい。フォーマル専門のコーナー等に行くと沢山の種類がありますので選び易いと思います。喪服は一度購入すると何度も買い換えたりはあまりしないものです。ですから現在、流行しているタイプや自分の年齢にあった物よりも何年経っても着られるデザインの物を選ぶのが無難でしょう。黒のジャケットにも色々な種類があります。ボレロになっていたり首元が締まっていたりテーラージャケット等が主流で多くお店にもあります。喪服を選ぶ時に参考にされてみてはいかがでしょうか