礼服のレンタルなら、お任せ下さい

HOME > お役立ち記事リスト > 喪服に着るコートのマナー

喪服に着るコートのマナー
喪服の写真02
お葬式や家族・親族の法要が冬などに行われる場合、どうしても喪服一着のみでは寒さがしのげなくなってしまいがちです。そこでアウターとしてコートを着用することをおすすめしたいのですが、やはりお葬式や法要においてのコーディネートですから、通常のお出かけと同様ではいささか問題が生じてしまいます。喪服を着用時のコートの基本的な合わせ方としては、黒や紺色、あるいは暗めのグレー系といった、喪服そのものに近い色のものを用いると失敗がありません。せっかく親類が多く集まるのだからおしゃれをしようなどと、コートに絢爛華美な毛皮物やワイルドな革コートなどを選択するのはNGです。くれぐれも慎んでください。また、コートの生地はもとより、ボタンをはじめとした付属品にも注意を払う必要があります。お葬式に着る服はどれも光沢のない反射をおさえた、いわゆるマットなものがマナーに即しているとされています。ですから、きらびやかに光る金色のボタンなどが付いているものなども喪服のコートとして合わせないようにしましょう。また、コートを着用してお葬式に出席する場合の礼儀として、会場に入るその前にきちんとコートを脱いでおくという配慮も大切です。ちょっとした気配りですが、故人を偲ぶ方々が集う式典なのですから、出来る限り粛々とした態度でマナーに従いましょう。

冬場になると、コートを着なければ寒くて駄目だと思ってしまいがちです。しかし喪服に着るコートでも、マナーが決められていることを理解しておかないと、後から指摘されてしまい、問題が起きてしまいます。マナーが悪いと思われれば、人としてのイメージが悪くなってしまうので、ある程度イメージをよくするための方法を取るようにしてください。まず喪服のコートにおけるマナーとしては、室内に入ったら速やかに脱ぐようにして、喪服だけの状態になるということです。葬儀や通夜の間は着用をしてはならないので、脱いで畳んでおくか、指定の場所にかけておきます。着用をして参列することは、絶対にいけないことなので、指定の場所で脱ぐようにして、後は管理をしてもらう等して対応してください。場合によっては、車の中で脱いでおき、そこに保管する方法も有効になります。コートの素材についてですが、毛皮を利用しているタイプは絶対に着用できません。これは死を意味するような印象を与えてしまうので、最初から着ていくことは避けてください。普通のコートを着るようにして、あまりにも目立つようなものは最初から着ないようにします。マナーを分かっていないと、色々な人から指摘されて、迷惑をかけることになります。くれぐれも、注意しましょう。
喪服の写真01

喪服の写真03
喪服はあるけどコートまで必要?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。ですが、弔事は季節を問わず起こります。寒い冬場のお悔やみの場で悪目立ちしてしまうことのないように相応しいコートを一着持っておいても良いと思います。では、どんな物が相応しいのかと言いますとジャンパーやダウンジャケットはマナー的にはNGになります。カジュアルな物ではなくコートを選びましょう。色は喪服に着る物になるので黒がベストです。ダークグレーなども許容範囲ではあるようですが、折角、喪服用のコートを買うので黒を選ぶのが一番だと思います。もちろん、柄のない無地の物を選びましょう。上記の事をクリアしていれば、男性でも女性でも普段から着れるようなコートを選んでも良いと思います。そして、革製品や毛皮の製品の物は殺生を連想させる物として、喪服を着る葬儀の場に相応しくありません。ですから、コートを選ぶ時にも注意が必要です。ボア素材も同じ事です。取り外しのきくコートであれば普段と喪服用で着回しが出来るので便利です。そして以外と忘れやすいのがボタンなどの付属品です。ゴールドやシルバーなどの光る金具が付いていない物を着用するのがマナーとなります。光る繋がりで言うとコートも光沢のある生地はNGです。具体的にはエナメル素材やラメ素材も光るのでやめましょう。