礼服のレンタルなら、お任せ下さい

HOME > お役立ち記事リスト > 喪服に最適なパールネックレス

喪服に最適なパールネックレス
喪服の写真02
喪服に合うパールの選び方は品があり、派手過ぎない色を選ぶことが大切です。斑点模様が入っているものよりも、清らかなイメージと気品を出すためにも黒真珠のパールネックレスを選ぶと良いでしょう。上質な葬儀用の黒真珠のパールネックレスや、イヤリングなどを揃えたい時には、「ジェルム」が便利です。このジェルムでは、黒真珠を育てるのに理想的な、大自然のある北海道の黒真珠を使ってはネックレスなどをパールを作っています。このパールの大きさは6.5mmから7.0mmほどの大きさが理想的です。アコヤ本真珠が喪服に最適で、長さが42cmが理想的です。他にも花珠真珠の艶の美しいパールネックレスが98,000円は直径が7.0mmから7.5mmとなり、より品のあるデザインが人気です。他には、最高級の程良いグレー感が素敵なグレーパールも喪服をよりいっそう品のあるものにします。このネックレスの値段は128,000円となります。花珠真珠のパールネックレスは、巻きや形、光沢において最高級クラスとなっています。他には、ブラックなアコヤ黒真珠のパールネックレスは78,000円、タヒチ黒蝶ブラックパールネックレスは年配の女性に最適なネックレスです。

喪服を着る際、どうしてもアクセサリーを付けたいと考えてしまうこともあります。ネックレスを付ける場合、パールネックレスを利用することが多いのですが、パールネックレスを付ける時には、気を付けなければならない点が幾つかあります。基本的に長いものは付けることができず、短くてすっきりしたタイプを付けなければなりません。長いものが好きだという方もいますが、そうしたタイプは遺族の方に失礼なので、短くてすっきりしたタイプの方がいいです。首から少し下にあるタイプにして、出来る限りネックレスの方が目立たないようにします。似合うタイプを選ぶのであれば、なるべく首から少し下で固定できるようなパールネックレスがお薦めで、目立たないながらもアクセントとして利用できるようになります。あまりにも目立ってしまうネックレスは駄目なので、パールもそこまで目立たないようなタイプを利用することとなります。短いタイプを利用することが何よりもいいことで、あまりにも目立たずに、喪服の印象を上手く惹き立たせてくれます。あまりにも長くて目立つようなものではなく、短くてすっきりしたタイプを利用した方が綺麗に見えます。
喪服の写真01

喪服の写真03
基本的に喪服の時はアクセサリーと呼ばれる物は外して参列します。喪服の時につける代表的な物はパールネックレスが主流です。昔は、葬儀に参列する場合は黒真珠が絶対的でした。持っていなければつけなくても問題はありません。ですが、持っていてつけないのと持っていなくてつけないのは違います。喪主や親族、近親者になる場合は黒か白の真珠になります。会葬者であっても真珠以外のアクセサリーは黒系のオニキスや黒曜石などにしましょう。それ以外のアクセサリーは葬儀の場ではつけないのが基本です。ピアスやブレスレットなども葬儀の場では外しましょう。パールネックレスにも種類が色々ありますが、基本的に2連、3連のネックレスはNGです。「不幸が重なる」と連想されるからです。葬儀以外でも結婚式などでも2連3連のネックレスは重なるというイメージから避けられています。新しくパールネックレスの購入を検討されている方は1連の白パールネックレスを選ぶと、慶事弔事にも使えて重宝すると思います。