礼服のレンタルなら、お任せ下さい

HOME > お役立ち記事リスト > 喪服とロングスカート

喪服とロングスカート
喪服の写真02
喪服でロングスカートを身に付けて行く時には、注意すべきことがあります。最近では、あまり厳密には区別されることはなくなったのですが、喪服のロングスカートは、葬式や法事の時には、場合によって身に付けておきたい服装なのです。これは厳密な区別なので、気にしないところでは全く問題はないのですが、厳しいところだと、チェックされてしまう場合があります。正喪服と準喪服という区別があり、正喪服というのは、葬儀や法事に出席する親族や遺族が、身に付ける喪服です。この喪服は、女性ならばスカートを着用することが基本とされています。しかもそのスカートは、短く肌が露出するようなものではなく、肌が隠れるようなロングスカートです。もしも正喪服を着ていくべき場面で、短いスカートやパンツスーツで出席してしまうと、非常識と取られてしまう恐れがあります。一方で、準喪服を着ていくような時の服装は、細かい規定があるわけではないので、今現在の流行に即した服装で出席しても、大きな問題はありません。喪服のロングスカートは、遺族や親族のような葬式の相手に近しい女性が、身に付けておきたい服装です。昔の形式かと思うかもしれませんが、常識として知っておきましょう。

20歳を過ぎる頃になると、身内が亡くなる機会が増え始めます。だから大人になったタイミングで、葬儀用の喪服を購入するケースが多いのです。人間の生命が失われるのは大半が突然の事であるため、葬儀の直前は慌ただしくなります。喪服を購入しに行く時間さえ惜しくなるので、事前に準備を済ませておくべきなのは当然です。そして若い女性は葬儀の衣服であっても、手を抜きません。周囲から恥ずかしくない格好をしたいと考えるため、少しでも綺麗に見えるような喪服を望みます。最近の人気商品は、喪服のロングワンピースのタイプです。洋風の雰囲気を纏っている喪服のロングワンピースは、ファッション性も備えているので高い人気を誇ります。しかしファッションに詳しい女性であっても、若い年代の人間では適切な商品を選んだ上で着こなす事は難しいのです。誰しも初めて挑戦した物事は往々にして無様な結果に終わります。しかし購入した衣服を着こなせない事ほど女性にとって悔しい事はありません。それを解決するために喪服のロングワンピースのコーディネート集が登場しています。喪服を着こなすためのコツが網羅されているので、資料を見る事で経験者と同じ着用方法が実現出来るのです。
喪服の写真01

喪服の写真03
喪服で一番多いのがワンピースタイプです。そこで気になってくるのがワンピースの着丈だと思います。実際にはどれくらいの長さが良いのかと言うと、簡単に申しますと膝が出ない長さになります。理由は『葬儀の時などにはなるべく肌を露出しない』為です。そして、葬儀などでは正座になることも考えられます。座ったときに丈が短くなることも考えると、膝下10pくらいあれば安全だと言えます。和室などでくつろぐ時なども膝が出ていると気になります。喪服を購入する際にはデザインばかりではなく、その点にも注意して購入しないと後で後悔することになってしまいます。ワンピースだけでなく普通のスカートでも同じ事が言えます。丈は長めのものを選びましょう。そして、足元は素足ではなく黒のストッキングをはくようにしましょう。突然のお通夜は肌色でも悪くはありませんが、基本的には黒のストッキングになります。タイツもカジュアル感が強くなってしまうので控えましょう。