礼服のレンタルなら、お任せ下さい

HOME > お役立ち記事リスト > 喪服のインナーの選び方

喪服のインナーの選び方
喪服の写真02
喪服はただスーツを購入すればいいわけではありません。それと同時に、インナーもしっかりと選ぶ必要があります。スーツは厳かに決めているのに、インナーで悪い印象を与えていては意味がありません。喪服に着るインナーの正しい選び方を確かめておきましょう。男性の場合、喪服のインナーは「白いシャツ」を選んでおけば問題ありません。むしろ、このシャツ以外を選んでしまうとひんしゅくを買ってしまう恐れがあります。どんなスーツを選ぶにしても、まずは白いシャツを選びましょう。女性の場合は「白いインナーを使わない」ことがマナーとなります。デザインを黒いインナーにまとめることで、全体を黒で統一しましょう。その他の色が入っていると、悪い印象を与えかねません。基本的に、すでに男女に合わせたインナーを持ち合わせていれば問題ありません。どちらも特別なインナーではないので、費用がかさむこともないでしょう。喪服のインナーでだけで、悪い印象を与えないように、正しいものを選ぶように心がけましょう。男女どちらもインナーに関しては決められているので、奇をてらった服装を選ぶ必要はありません。少し印象を良くしたいなら、その他の部分で印象を良くしましょう。

そもそも四季を通じて喪服にはあまりバリエーションというものがありません。ですから、暖かい季節はともかく、寒い冬の時期に葬儀に参列する場合は、インナーを工夫してまずは寒さの対策を行っておく必要があります。昼間のお葬式ならばまだ我慢も出来ますが、お通夜などの場合は地域によっては本当に冷え込みますから、喪服のインナーは長袖を着用し、更に寒さが厳しい場合には、その下に極力目立たない色のやや厚手の肌着を着こんでおくようしましょう。また、色に関して注意すべき点は、男性における選択肢の差異です。男性は基本的に喪服のインナーには白いワイシャツを用います。これは正喪服と呼ばれるモーニングコートのインナーも、通常知られている一般的な喪服のインナーにおいても同様です。一方、女性の場合、現在は一般的に黒い喪服を着用することがほとんどですから、それに合わせる形でインナーも黒を着用するのが通常の形態として定着しています。ただし、急な訃報などで喪服の用意が間に合わず、いわゆる平服を略喪服扱いにして参列する場合に限っては、女性も男性と同じくインナーに白を用いても構いません。ただし、亡き故人を偲ぶ式典ですから、極力派手なツヤが生じない素材のものを選択するようにしてください。
喪服の写真01

喪服の写真03
葬儀の際の喪服の女性インナーの色は、基本的に黒と決まっており、取り敢えずは黒のインナーであれば失礼に当たらないケースが多くなっているかと思います。しかし黒のインナーであったとしてもテカリのある素材だったり、ラメのような光る物が付いているのはNGですので気を付けたい所です。喪服のインナーは半袖ではなく長袖を選んだほうが無難で、お通夜やお葬式のお手伝いの際にスーツを脱ぐ場面もあると思いますが、その時に長袖であれば肌を露出することがありませんので、失礼に当たらなくなるかと思います。またお通夜とお葬式では多少服装に関しての決まり事が変わってきますので、その都度インナーを変えるということも大事かと思います。また季節によっても女性のインナーの選び方が変わってまいりますが、冬でしたらお経をあげてもらっている時に寒くならないよう厚手のものにするとか、夏でしたら通気性の良いインナーを選ぶなど、気温に応じて使い分けることが大切かと思います。もしそれでもどのようなインナーを選んだら良いか迷っているなら、洋服店の店員さんに聞くのが一番分かりやすいかと思います。冠婚葬祭用の洋服を扱っているお店なら的確にアドバイスしてくれるはずです。