礼服のレンタルなら、お任せ下さい

HOME > お役立ち記事リスト > 喪服でおしゃれは可能なのか?

喪服でおしゃれは可能なのか?
喪服の写真02
選択肢が少ない喪服というジャンルの中でも、人とは違う自分なりのカラーを出したいという方も多いのではないでしょうか。とくに女性はおしゃれに敏感なので、工夫の余地がないか模索しているかもしれません。葬儀の場合は、そんなことを考える余裕もないかもしれませんが、法事となると、気持ちに余裕も出てくることから、喪服のおしゃれを本格的に考え始める好機なのではないでしょうか。喪服自体のデザインにこだわるのはもとより、ヘアアクセサリーやネックレスなどにおしゃれを持ち込むのは大いに素敵なことです。例えば、髪をお団子にして丸めるときに、ネットにブラックパール風のビーズをあしらったものを使用するとか、髪を結ぶシュシュを、黒いレースが揺れる手編み風のものにするなどです。また、ネックレスもブラックオパールをリメイクして、今風のものに作り変える事も考えてみて良いかもしれません。過剰に見え透いたおしゃれは、高齢者層からの反発がある可能性があります。ポイントはさり気なく、サラッとおしゃれをすることです。ブラックフォーマルの展示会などに出かけるのも、おすすめです。最新のワンピースやスーツが展示されていますので、参考にすることができます。不謹慎かもしれないと躊躇しないで、出来る範囲で小奇麗にすることこそ仏様の喜ばれることかもしれませんよ。

そもそも喪服とは、粛然として故人を偲ぶ葬儀や告別式といった弔事の際に身に着けるものですから、本来的な意味から考えるとおしゃれをするというのはマナー違反になります。とはいえ、こういった儀式においては身だしなみをきちんと整えて出席するというのもまたマナーですから、あくまでも派手にならない程度の抑えたおしゃれを心がけるようにすれば問題はありません。たとえば女性の場合、メイクに関してはナチュラルで落ち着いた感じの、さりげないお化粧をして葬儀に参列すれば良いわけですし、装飾品に関しても、パールのネックレスやイヤリングといったフォーマルなものを選択しておけば、むしろマナーに沿った適切な装いであると言えます。ただ、二連のネックレスは不幸を重ねるというイメージにつながることから、弔事では忌避されます。ネックレスを身に着ける場合は必ず一連のものにしておきましょう。いずれにしても喪服と相反しないように光沢のある華美な装飾は控え、故人を偲ぶというその趣旨に適した慎ましやかなおしゃれを意識してみてください。
喪服の写真01