礼服のレンタルなら、お任せ下さい

HOME > お役立ち記事リスト > 葬儀での女性のヘアスタイルは?

葬儀での女性のヘアスタイルは?
喪服の写真02
葬儀での女性の髪型において、大切にしなくてはならないのが 清潔感です。喪服に合わせて、長い髪の場合はしっかりまとめて おきましょう。その際には黒いシュシュやヘアピンやリボンなど 全て黒色で統一するのがマナーです。黒といっても、革製品は 殺生を連想させることから、葬儀では避けることになっています。 お洒落だからといって、無闇に流行りものを取り入れるのは 考えものです。 また、喪服を着るので明るすぎる髪の色はふさわしくありません。 できることなら、暗めの黒に近い色まで髪の毛の色を抑えましょう。 髪をスプレーやワックスなどで、過剰に固めるのも、てかりが 照明に反射しますので、見た目に清潔感が損なわれます。 喪服と自分のヘアスタイルを見比べて、浮いているな・・と 思うのなら、やはり葬儀には不似合いだと言わざるを得ません。 葬儀だと伝えて、美容院などでセットしてもらうのも、ひとつ だと思います。髪型は一番目立つ部分ですので、常識的な判断の もと慎ましやかな印象を与えるものにしましょう。

葬儀には当然のことではありますが、人がたくさん集まります。人が集まる場所に行く場合、女性はどうしてもおしゃれがしたくなってしまいますよね。 しかし、喪服を着て故人を悼む葬儀においては、そういったおしゃれというものは不要であると心得ておいてください。むしろ、過度とも言える盛装は他の出席者や故人、また遺族の方々に対して失礼にもなりますから注意が必要です。 特に髪型に至っては、TPOをわきまえた大人としての適切な配慮を忘れてはなりません。喪服を以て臨む厳粛な別れの儀式である葬儀なのですから、それこそ遊びに出かける際のような派手で人目を引くヘアスタイルは禁物であると思ってください。 ロングヘアの人は髪を黒いゴムでまとめたり、お団子にして結うようにしましょう。髪を束ねる位置も重要で、耳より下に持ってくることが大切です。上部でまとめた髪型だと、どうしても華やかに映ってしまいがちになるからです。 装飾品も極力排除し、喪服に適したシンプルな装いを心がけましょう。
喪服の写真01