礼服のレンタルなら、お任せ下さい

HOME > お役立ち記事リスト > ドレスで参加するときの丈は?

ドレスで参加するときの丈は?
喪服の写真02
ゲストとして結婚式に参加する女性には、ドレスを選ぶ上での鉄則があります。白や白に近い色は避けること、露出は控えることというのがそれです。パーティー用として販売されている物でも、肩がでるものだったり、スカートがミニ丈だったりするのはNGです。場に合った華やかな衣装を心がけつつも、式の主役である花嫁よりも目立つような格好は慎まなくてはなりません。 ドレス丈は、膝下ぐらいの長さを目安にするといいでしょう。結婚式では着席を求められる状況も多くありますので、座った時に太ももがあらわになる心配のない、直立した姿勢ではやや長めに感じる丈が丁度いいサイズです。 例外は夜開かれる式に参加した場合で、夜の時間帯の女性の礼装はイブニングドレスという、上半身に露出が多く逆に下は足首までスカートの裾がくるようなスタイルのものが基本になります。どちらにも適さないミニ丈を除き、昼用と夜用と二種類の礼装を用意しておけば、招待時間がいつであっても対応できます。

結婚式に参加するときに女性に注意したいのが、ドレスの丈です。 明確な決まりというものはありませんが、昼間の結婚式では 膝丈くらいのドレスにすることが、一般的です。膝上のミニになると 新婦よりも目立ってしまうことがありますから、遠慮するのが 礼儀です。参列者には、多くの人々がいます。その中には保守的な 年配の方々もいますので、不快感を与えないドレスを模索しましょう。 これは一般に露出OKの夜間に開催される、披露宴でも同じことです。 正式には露出が多いほど、良いとされる夜に行われる披露宴でのドレス であってもミニ丈は厳禁。ルール違反になります。夜の披露宴は肩を 露出したり胸が開いていたりというのは、認められるのですが丈は床 に触れるくらいのイブニングドレスと決まっています。 いずれにしても、ドレスの丈はミニは厳禁ということだけは確かです。 昼の挙式披露宴の場合は、膝丈か膝下と心得てください。 夜の披露宴の場合も、上半身の露出は構いませんが、スカート丈は フロア丈かロング丈に限ります。結婚式には、様々なドレスコードが ありますが、覚えてしまえば身に付きますので、是非頭の片隅にこの 知識をいれて置いてください。
喪服の写真01