礼服のレンタルなら、お任せ下さい

HOME > お役立ち記事リスト > ドレスで注意すべきことは?

ドレスで注意すべきことは?
喪服の写真02
白や白く見えるドレスを着ること、肌を大きく露出させること、動物の毛皮をまとうこと、これら三つのポイントのいずれを満たした場合でも結婚式にゲストとして招かれた際、常識を知らないと批判される対象になりますので気をつけましょう。どのタイプのドレスもお店に行けば普通に販売されている品ですので、意識していないとうっかりしてしまいがちです。 それぞれのポイントには、マナーに反しているととられるだけの訳があります。一つ目の色に関する問題は、白は花嫁の色だからというのがその理由です。結婚式の主役は新郎新婦であり、二人の晴れ姿を侵すことは何人にも許されません。 二つ目の露出の禁止もそれと似通ったことで、肌を見せて注目を集めるのは、良識的な振る舞いではないという見解になります。ホストの顔をつぶす行為でもあり、個人の自由では済まないので注意してください。 三つめの動物の毛皮は、殺生を想像させるからでもあり、食事の場でも埃を発生させやすいものは好まれないからでもあります。カジュアルな印象も強いので、小物として取り入れるにも不向きなアイテムです。

結婚式に参列する際に気をつけたいのがドレスです。いくつかの 暗黙のルールが存在していますので、そのルールを守り気持ちよく 新郎新婦をお祝いしてあげましょう。 まず、白系・アイボリー系のドレスは着ないこと。広義には黄色系 も写真の反射などで、白く映りますから控えましょう。 結婚式の主役は、言わずもがなの新婦です。花嫁と同じ白い衣装を 身にまとうという事は、一番避けなくてはいけない事柄です。 他の参列者からも、白い目で見られることは必至です。 次に、黒すぎるドレスもNGです。黒は葬式の色というイメージ がありますから、黒いドレスはやめたほうが無難です。 例え、フォーマルドレスであってもです。どうしても黒いドレスを 着るのなら、ボレロをカラーものにするなどして工夫しましょう。 他にも真っ赤なドレスも強すぎますので、注目を集めやすい色です。 自己顕示を出す場所ではないので、ドレスは淡いパステルカラーなど がおすすめです。パステルピンクやパステルブルーなどが、会場に 花を添える意味でも、好感度が高いでしょう。
喪服の写真01