礼服のレンタルなら、お任せ下さい

HOME > お役立ち記事リスト > ストライプのスーツの着用は?

ストライプのスーツの着用は?
喪服の写真02
よく聞く相談に、お葬式の服装でストライプはありなのかという事があります。多くの人は、真っ黒な喪服を着ますが、スーツなどのストライプは良いのか気になりますね。これは、お通夜でなら概ね大丈夫です。お通夜は、この他にも学生ならば制服でもOKです。しかし、葬儀となると、スーツにストライプはあまり聞きませんし、非礼だと考える高齢者も多いそうです。またお通夜ならば紺色やグレーなどもありのようです。もしストライプのスーツを着て行きたいのならお通夜だけ、そのようにしてみては如何でしょうか。また、ストライプのワイシャツならば良いのではないかと考える方もいるかもしれませんが、これもお通夜ならば問題ないいというのが常識のようです。お葬式にはブラックフォーマル(喪服)を選ぶのが無難かもしれませんね。難しいことを言うなと若い人は反発心が芽生えるかもしれませんが、慣習のことは素直に従ったほうが遺恨を残さなくて良いでしょう。故人を送り出す儀式ですから、ここは小さな揉め事などないように努めましょう。これから幾度となく必要になるかもしれませんから、喪服は揃えておいたほうがいいかもしれません。ストライプにこだわるあまり、人間関係を壊してしまうのも勿体無いことです。

ブラックスーツにストライプの入っているものは、ストライプが目立たないものであれば基本的に問題はありません。しかしそれは通夜の時のみであって、葬儀告別式への参列では黒一色のスーツを着用することが望ましいです。基本的にお通夜の場合は、喪服ではなく「平服」になります。場に合った地味目の服を着ていけば大丈夫です。通夜というのは訃報から時間をかけずに行われるので、喪服を着ていては事前に準備をしていた、死を待っていたと取られて失礼に当たることとされています。といっても通夜のしきたりも地域などによってことなり、喪服を着て参列をしないと批判をされる場合もありますので、住んでいる土地に合わせて服装を選ぶのがいいでしょう。特に都会では通夜であっても喪服を着る人が多く、地方では平服であることが多い傾向にあります。風潮に合わせたほうが無難です。マナーより通夜や葬儀告別式の本質を見失わないことの方が大切です。ストライプのスーツに関しても、着ているからといって本来批判されるべきことではありません。ただ今現在、一般的な認識としては、ストライプのスーツに関しては、通夜のみに留めておいた方が無用なトラブルを避けられる傾向にあります。葬儀告別式は周囲に合わせて黒一色のスーツにするのがいいでしょう。
喪服の写真01

喪服の写真05
お葬式などには基本的に、紳士服販売店などで販売されている喪服を着ることになっています。しかし通夜では紺色の無地のスーツを着てもマナー的には問題ない事になっています。このときストライプはマナー違反ですので、着ない方がよいでしょう。また普段着る黒のスーツを、喪服として着ている人がいますが、この黒のスーツの黒と喪服の黒は微妙に違います。喪服の方が濃い黒色ですので、お葬式などでは目立ってしまいます。これも着ない方が無難です。特にビジネス用の黒スーツは光沢がありますので、すぐに分かります。喪服は滅多に着ることはありませんが、社会人なら冠婚葬祭に1着持っておいた方がよいアイテムです。そんなに着ることはありませんので、購入して体型が変わらなければ10年くらいは持たせることができます。いざというときに慌てないためにも、バーゲンの時などに1着作っておくのがよいでしょう。価格は4〜5万円くらいしますが、バーゲンだと半額くらいですし、買取スーツを持ち込むと安く購入できますので、こうしたキャンペーンを利用してみましょう。