礼服のレンタルなら、お任せ下さい

HOME > お役立ち記事リスト > 喪服がない場合の対処

喪服がない場合の対処
喪服の写真02
社会人になる前に冠婚葬祭に出席する際は、最低限のマナーや礼儀作法を欠いていなければ、それほど問題はないでしょう。しかし、社会人になると基本的な礼服を一式整えていなければ、礼儀を欠くということになりかねません。特に、ここというときに喪服 ないというような事態は、極力避けるべきです。もちろん、仕事中に関係先でご不幸がわかり、職場から直接現場にお悔やみに向かうとき喪服がないということは致し方ありません。ただし、最低限、数珠やネクタイなどは整えておいた方が、社会人としてよいといえるところでしょうか。ですから社会人になった暁には、できれば礼服一式はきちんと整えるべきです。場合によっては冠婚葬祭は一張羅で、少しいいものを購入しておくと、困ることもなくなると思います。もちろん、サイズも少しいいオーダーものであれば、ウエストも調整できるので問題ありません。逆にあまりイニシャルコストをけちって安い礼服を購入すると、いざというときに困ることもあります。それであれば、喪服をレンタルするほうが、効率的と言えるでしょう。年齢とともに、礼服のお世話になることも増えてきますし、あまり安物ではいざというときにみすぼらしいということにもなりかねません。このあたりを心得て購入しましょう。

価格は別にして、喪服は1着は持っていると何かにつけて便利です。従って多くの方は準備されているのが普通です。しかし、喪服は頻繁に着用する事は少なく、いざと言う時に喪服を出して着用しようとすると、体形が変わってフィットしない状態になっている事があり、葬儀の時間が迫っているのに、こうしたハプニングに巡り合う事もあります。そんな喪服がない場合、スーツ専門店や大型スーパーに寄る時間があれば、急いで購入し、特急で裾上げのサービスをしてもらい葬儀に間に合わせる手もあります。既成品でも、色々な体形にフィットする品揃えがあり、必ず自分の体形に合った喪服を見出す事ができます。パンツのウエストはアジャスターの付いたものもあり、こうしたものを選べば、フィットし易く、また体形の変化に対応する備えもできます。しかし、そうした緊急で購入して対応する時間も取れない事もあります。そんな場合は、喪服をレンタルしているショップがありますので、探してみるとよいでしょう。また、どうしても喪服が準備できない場合は、男性ならグレーや黒っぽいスーツを着用し、白いワイシャツに黒いネクタイ、そして腕に黒い喪章を巻けば、一応マナーに適います。もちろん、急な連絡で通夜などに駆けつける場合には、喪服がない場合でも、葬儀に参列するマナーに適う服装が可能なら十分です。亡くなられて連絡を受けた夕刻に通夜が行われる様な緊急な場合には、派手な服装でなければ、黒い喪章だけでも許されるでしょう。
喪服の写真01