礼服のレンタルなら、お任せ下さい

HOME > お役立ち記事リスト > 葬儀にストライプのシャツはあり?

葬儀にストライプのシャツはあり?
喪服の写真02
葬儀の服装には、その人の品性が出ます。折り目正しく振舞うことを義務付けられた場だからこそ、喪服には気を使いたいものですね。男性の場合、スーツの中に着るシャツにストライプを使用して良いのか迷うところだと思います。あまりにも派手な目立つストライプであれば自重もできますが、あまり目立たないストライプならば、葬儀の席でも大丈夫なのではないか、と思うのは無理もありません。この場合、正装はあくまでも無地のシャツになります。葬儀には必ず白い無地のシャツを着用しましょう。しかし、通夜は別です。通夜の場合は、畏まった正式な喪服を着用せずに赴いても咎められることはありません。取るものも取り敢えず、やってくる人も多いためそこまで厳密ではないのです。地方によっては、多少の居心地の悪さはあるかもしれませんが、苦情を言われるという事はないはずです。葬儀での喪服ではストライプはありえないことですが、通夜では許される範囲内です。通夜はストライプのシャツで出席し、その間に無地の白いシャツを用意しておきましょう。葬儀では、故人を偲ぶのに相応しい出で立ちで参列して、お見送りしたいものですね。また、日頃から白の無地シャツを用意しておくことで不測の事態に迅速に対応できます。面倒でも1枚は持っておくといいかもしれません。

葬儀に出席する場合の極めて常識的なマナーのひとつとして、喪服を着用するというものが挙げられます。しかし、一口に喪服と言っても実は様々です。正式な服装である和装やモーニング、本来はそれに準じる形式ながらも現在においては広く一般的なものとして認識されているブラックスーツやブラックフォーマル、また、急なお通夜などで準備はさておき駆けつける際によく着用されているグレーや濃紺などのダークスーツやワンピースなど、意外なまでに多種多様なものがある意味幅広くOKとされています。では、シャツに関してはどうなのでしょうか。よくストライプのシャツを着て行ってもよいのだろうかという悩みを抱かれる方も多いようですが、しかし、これは間違いなくNGです。葬儀に出席する際のシャツは白無地が常識ですから、間違ってもストライプなどの柄物を着て赴くのはやめておきましょう。たとえ薄い感じの目立たないストライプであったとしても、白無地ばかりの中では明らかに場違いな異質なものとして映ります。そもそも弔意を表すための服装にストライプ柄は不躾です。必ず白無地のシャツを着用してください。
喪服の写真01