礼服のレンタルなら、お任せ下さい

HOME > お役立ち記事リスト > 喪服での男性の靴の選び方は?

喪服での男性の靴の選び方は?
喪服の写真02
喪服に合わせる靴選びは、つい女性に意識が行きがちですが 男性も同じ悩みを抱えている事には変わりありません。 男性の場合も、女性のパンプス同様に光沢のないツヤなしの靴を 選ぶことが推奨されます。装飾の施された靴は喪服には相応しく ありませんので、シンプルなものを選びましょう。 具体的には、足の甲に1本線の入った、ストレートチップで 内羽根式と言われる、紐を結ぶところが甲と一体になった仕様の 靴が、紐を解いたときにも羽根部分が広がらずに、上品に見えて 格式が高いとされています。靴は合成皮革か本革どちらでも 構いません。バッグや手袋などの小物と違い、靴の場合は革製品 を用いても良いことになっていますので、心配ご無用です。 ビジネスで使っている靴をそのまま履いてもいいのでは?という 意見もありますが、なるべくなら喪服用に内羽根式のストレート チップの靴をひとつ用意しておいたほうがいいでしょう。 靴のサイズは、極端な体型変化以外では、然程変わりませんので 長く使用できるはずです。

女性用のそれに勝るとも劣らぬくらい男性用の履物も種類は豊富です。 しかし、お葬式やお通夜の際、たとえば普段から気楽に履いているようなカジュアルなスニーカー等を喪服に合わせてしまってはせっかくの弔意も台無しです。きちんとその場に適した靴を選択しなければなりません。 では、喪服に合う男性用の履物といえば、果たしてどういったものが挙げられるのでしょうか。 まず最もポピュラーとされているのは、ストレートチップの黒い紐靴です。もちろんフォーマル用のものである内羽根式と呼ばれるデザインを選択してください。別タイプのものに外羽根式と呼ばれるデザインも存在するのですが、こちらはフォーマル仕様の内羽根式に対してカジュアル寄りの意匠と認識されており、弔事のような式典にはいささか不向きです。 素材は本革製で問題ないのですが、光沢のあるものはマナーに反していますから、必ずツヤのない抑制の効いた格調高い品を入手するようにしましょう。 ちなみに、生地を起毛させたスエード仕立ての靴や、ワニ革調に型押ししたタイプのものなどはすべてNGです。
喪服の写真01