礼服のレンタルなら、お任せ下さい

HOME > お役立ち記事リスト > 海外の礼服事情

海外の礼服事情
喪服の写真02
もともと洋装文化は海外から入ってきたものなので、海外の 礼服事情も、日本と同じか更に厳格化されたものになります。 昼はモーニングコート、夜は燕尾服かタキシードというのが 正装で、昼にディレクターズスーツ夜に黒以外のタキシードが 準礼装になります。略礼服はダークスーツです。 しかし、日本人の略礼服で皆が黒のスーツに白いネクタイ といった結婚式の装いは、海外ではまるでマフィアと揶揄 されることもあるそうです。日本ではネクタイの色で冠婚葬祭 の色分けをしますが、海外ではそのような常識は通用しない ようです。 女性の場合は日本の礼服と変わらない装いで、葬儀の場合は 黒い帽子からネットを被せたものを着用することもあります。 海外においても、礼服が簡略化されて正装する人も少なく なっているのは事実のようです。しかし、格式高い場所での 礼服は日本以上に厳しいルールが今も根付いていることには 変わりがないようです。もし、海外で礼服を着用するような機会が あるときには、以上のことも踏まえたほうが良さそうです。

親戚が亡くなったときなどに喪服を持ってないので困ると言うことがあると思います。高校生までは制服を着ますが、大学生になると喪服になります。社会人になると喪服を持ってないという人でも、もしもの時のために購入する人がほとんどだと思いますが、大学生で喪服を持ってないという人は結構たくさんおられるのではないでしょうか。こういうときは紺色のスーツで代用することができます。紺色のスーツに黒の腕章を着けることでも服を着ていることになりますので、これで代用してください。しかし紺色のスーツといってもストライプやチェック柄の物を着ることはマナー違反ですので、必ず紺色の無地を着る必要があります。また現代では、通夜の時から喪服を着ますが、通夜の時は紺色のスーツを着るのが本来のマナーだと言われています。喪服を着るのは告別式だけというのが本来のマナーです。 しかし喪服のデザインには流行とかがあまりないので、購入したら10年くらいは着ることができますので、大学生になったら1着購入することをオススメします。価格も2〜3万円で結構良い物がありますし、季節の変わり目にはバーゲンセールも行われますので、こういう機会に購入するのがオススメです。
喪服の写真01

喪服の写真03
いまだからこそ礼服といえば「洋装」のものが多いですが 明治時代まで、日本では圧倒的に「和装」が中心でした。 しかし、気軽に着用できることと西洋文化の高まりから 礼服の洋装化が高まっていきました。 海外における礼服の考え方の決定的な違いは、時間によって 着用するものを分けていることです。例えば、最も格が高い といわれる「正礼装」では、昼間にはモーニングコート 午後6時以降は燕尾服を着用します。モーニングコートは、主に 結婚式の新郎新婦の父親、教職員、または格式の高い式典などで 燕尾服は、主に晩餐会や格式のある方の結婚式の新郎などです。 また、タキシードも正礼装のの1つで、午後から主催の式典に おける主賓などが着用します。日本には、時間でこれだけ わけられているものはありません。 なぜこのようになったのかは、よくわからなのですが、一説に よると、モーニングコートは「朝の散歩に使う服」だったようで モーニングという名前は、そこから付けられているようです。 いずれにせよ、このような服装で散歩をするということは、貴族 社会において根付いた文化なのでしょうね。