■大雨による遅延について
大雨による影響で、九州地方の広い範囲で交通規制が行われております。お届け先が九州地方のお荷物につきましては、大幅な遅延が発生する可能性がございますので、あらかじめご了承くださいませ。
■詐欺サイトにご注意ください
近頃、「詐欺サイト」が急増しております。当サイトをご利用のお客様が被害に遭われませんよう、対策のポイントをご案内させていただきます。何卒ご注意いただきますよう、お願い申し上げます。

通夜と葬儀は、どちらに出るべき? 【桜井、葛城なら明日お届け可能】

通夜と葬儀は時間帯が異なるだけではなく、故人との最後の夜を
過ごす場と、故人との別れを悼む場という風にそもそもにおいて
違うものなので、どちらか一方に出ればOKとはなりません。
故人との付き合いが近い方なら尚更、選択を迷うまでもなく、
両方に顔を出してしかるべきです。

 

ただ近年では、日程が悪く両方の場には出席できない時には、
一般的に通夜の席が優先されて選ばれるケースも増えました。
かつては通夜は近しい者のみが参じる席で、それ以外の人は葬儀で
別れを済ませるというのが常識とされていましたが、最近では葬儀の
代わりとして、通夜のみに顔を出すといった行動をとる人が
多くなりつつあります。

 

そのような通夜の認識の変化から、通夜では礼服を着るべからずと
いう風潮は失われ、礼服を着て香典を用意してと、通夜の席を
葬儀当日と同じ形で臨むスタンスも見られるようになりました。
着の身着のまま駆けつけてきたような恰好が相応しいとする考え方は、
至る所にお店があり礼服の調達が難しくない現在では、ナンセンスと
されるのです。

 

 

礼服レンタル.com