■イベント等の中止による、ご注文のキャンセルについて
発送前のご注文に関しましては、無料でのキャンセルが可能です。発送後になりますと、送料分として2,000円をご負担いただくことになりますので、イベント等の中止の際には、なるべく早くご連絡をお願いいたします。また、お受け取りされました場合は、全額ご負担となりますので、あらかじめご了承くださいませ。

ご連絡先メールアドレス:emura11@ever.ocn.ne.jp
■ヤマト運輸営業所でのお荷物受け取り中止について
コロナウイルスの感染拡大に伴い、ヤマト運輸営業所でのお荷物受け取りを中止している地域がございます。詳しくは、コチラからご確認くださいませ。また、関東方面については、お荷物の遅延が発生しやすくなっております。あらかじめご了承くださいませ。
配送時間

法事では何を着るべき?【京丹後、綾部なら明日お届け可能】

法事での服装マナーは、その回数によって変わってき

ます。葬儀と同日に行われることの多い初七日の法要

から始まり、四十九日に初盆、一周忌となるまでは、一般

的な喪服や略礼服を着て臨ことになります。男性も女性も

葬儀で着た服をそのまま着ておけば問題はありません。

 

三回忌以降は平服でも良いという風潮もあり、礼服では

なくダークスーツを選択する方も多いようです。そのため、

礼服を着ていると逆に浮いてしまうこともあります。黒以外

にもグレーや濃紺も対象に入るため、黒一色の光景は崩れ

始めるでしょう。

 

ただし、ここで注意すべきポイントが派手な色のネクタイや、

アクセサリーの使用までは許可されてないということです。

平服を言葉のまま捉えて、日常的に着るカジュアルな服を

選んでしまうと、場違いも甚だしいレベルで浮くことになります。

 

葬儀とは異なり、法要は遺族も洋装を選ぶことが多いです。

そのため格式の違いが分かりにくく、関係の近い者のみが

集まり雰囲気も自然と気安いものになりがちです。あくまで

法要であることを忘れずに、大人としての態度で慎んで行動

することが大切です。

 

 

礼服レンタル.com