■配送が行えない地域について
大雨による影響で、山形県熊本県において、配送が行えない地域がございます。あらかじめ、ご了承くださいませ。
■お電話での対応について
土・日・祝日は、お電話での対応ができません。お問い合わせは、メールにてご連絡くださいませ。また、ご注文は、サイトよりお申し込みくださいませ。
■詐欺サイトにご注意ください
近頃、「詐欺サイト」が急増しております。当サイトをご利用のお客様が被害に遭われませんよう、対策のポイントをご案内させていただきます。何卒ご注意いただきますよう、お願い申し上げます。

礼服はスーツの代わりとして使えるか【高島市、米原市なら明日お届け可能】

同じ黒のスーツでも喪服として用いるブラックスー

ツと黒のビジネススーツでは端々に違いがあります。

なかでも最大の違いは「色の違い」です。

 

暗いところであればそれほど差はないように見えま

すが、屋外に出るとビジネススーツは光に反射し「グ

レー」に近い色になります。一方礼服は「漆黒」と呼

ばれる深い黒を使っているためどこにいても「黒」

が保たれます。これは知識のない人でも違いがはっ

きりと分かるほどです。

 

ではこの礼服をビジネス用として代用できるのか?結

論としてはかなり「浮いた」状態になるためやめるべきです。

 

言葉で表現するのは難しいですが、周りから「何かあっ

たのですか?」と聞かれることは覚悟しておいた方が

良いでしょう。感覚としては仕事場にタキシードや蝶ネ

クタイで出勤するのと同じ感覚だと思えばどれだけ浮

いているかは想像しやすいでしょう。

 

また、ビジネス用のネクタイにはカラフルな色のものや

デザインが施してあるものも多いですが、礼服の漆黒

に合うネクタイは「黒」か「白」あるいは「黒白のストライ

プ」しかありません。

 

このように、一見同じに見える礼服とビジネススーツで

も全くの別物なのです。スーツはあくまでもビジネス用、

礼服は冠婚葬祭用なので「似ている」と思っても一緒

に考えてはいけません。

 

 

礼服レンタル.com