■配送が行えない地域について
大雨による影響で、山形県熊本県において、配送が行えない地域がございます。あらかじめ、ご了承くださいませ。
■詐欺サイトにご注意ください
近頃、「詐欺サイト」が急増しております。当サイトをご利用のお客様が被害に遭われませんよう、対策のポイントをご案内させていただきます。何卒ご注意いただきますよう、お願い申し上げます。

和装喪服の紋のあれこれ【名張市、 尾鷲市なら明日お届け可能】

女性は嫁入りの際に、実家の紋が入った着

物を持ってくるという風習があります。

 

最近は自分で着物を着られる人も少なくな

ったので、箪笥と同様に「必ず」といった

ことはなくなりましたが、地方によっては

いまだに嫁入り道具の一つとなっているよ

うです。

 

葬儀の際は、ご自分が喪主だったりご主人

が喪主の場合、女性の喪服は着物の方が良

いとされています。現在は様々な事情によ

り和装と洋装の比率は半分くらいになって

いますが、普段から細かいマナーに厳しい

土地柄であれば喪服は着物を選んだ方が良

いでしょう。

 

紋についてですが、結婚式前に作った着物

は「実家の紋」が入り、結婚した後に作っ

た着物であれば「嫁ぎ先の紋」が入ります。

これは喪服の場合も同様です。

 

地方によっては「女紋」といって、女性だ

けが引き継ぐ紋もありますが、この場合の

紋の数は五つ紋(背紋・袖紋2・包紋2)

になります。

 

レンタルなどで喪服の着物を選ぶこともで

きますが、この場合の紋の数は「五三の桐」

であることが多いです。紋を変更したい場

合は「貼り紋」という方法もあるのでレン

タルする際に相談してみてはいかかでしょ

うか。

 

 

礼服レンタル.com