■北海道、沖縄の送料について
1月8日より、北海道、沖縄の送料について有料とさせていただきます。あらかじめご了承くださいませ。
配送時間

喪章は誰がつける?【亀山市、 鳥羽市なら明日お届け可能】

喪章は、遺族や葬儀関係者がそうとわかる

ように付けるものです。本来、日本の葬儀

で故人に近い者が着用する装束は「白」が

正装とされてきました。しかし、近代化社

会になるにつれ欧米諸国の慣習を取り入れ

た喪服は「黒」に統一されるようになりま

した。

 

ここで問題になるのが、黒い喪服を着用す

ると遺族や葬儀関係者と参列者の見分けが

つかなくなることでした。そこで、見分け

を付けやすくするためにも、遺族や葬儀関

係者は喪章をつけることが一般化するよう

になりました。

 

喪章は参列者ではなく、遺族や葬儀を取り

仕切る関係者のみが付けるものとなってい

ます。よって、葬儀に参列するのみの場合

は特に気にする必要はありません。

 

遺族や葬儀関係者は、葬儀の準備段階から

リボン型や腕章型の喪章が配られるので、

喪服に着替えた段階で付けていることがほ

とんどです。参列者という立場で喪章を用

意するということはあり得ないので注意し

ましょう。

 

また、遠方に住む遺族で、当日喪章が間に

合わない場合は事前に送ってもらうか、自

分で用意する必要があります。

 

 

礼服レンタル.com