■配送が行えない地域について
大雨による影響で、山形県熊本県において、配送が行えない地域がございます。あらかじめ、ご了承くださいませ。
■お電話での対応について
土・日・祝日は、お電話での対応ができません。お問い合わせは、メールにてご連絡くださいませ。また、ご注文は、サイトよりお申し込みくださいませ。
■詐欺サイトにご注意ください
近頃、「詐欺サイト」が急増しております。当サイトをご利用のお客様が被害に遭われませんよう、対策のポイントをご案内させていただきます。何卒ご注意いただきますよう、お願い申し上げます。

キリスト教の献花の意味【亀山市、 鳥羽市なら明日お届け可能】

仏教とキリスト教では、葬儀の花においての

ニュアンスに若干の違いがみられます。これ

は、花を添える相手の違いを主とする差です。

 

仏教での献花はあくまで「故人」に対するも

ので、その旅路が安らかであるようにと焼香

を合わせて備えます。葬儀の中で花は「故人」

のために存在します。

 

それに対しキリスト教は「故人の出発を飾る

ため」にご遺体を飾るように、同様に故人を

中心に置きつつも、花を捧げる相手は「故人

を迎える神」になります。

 

神に歓迎してもらうために棺を花で飾るので

あって、花に込める思いは神に向けるもので

なくてはなりません。

 

献花は失われた命への悲しみの象徴であり、

故人と生涯を共にできたことへの感謝の気持

ちを神に表すものでもあります。献花を願わ

れた際は、そのことを意識して行えるように

しましょう。

 

献花の他にも、香典や礼服、装飾品のマナー

にも宗派の違いは見て取れます。ただ皆に倣

うのではなく、そこにどんな意味があるのか

を理解することが、故人への手向けとなります。

 

 

礼服レンタル.com