■ お電話でのご注文時間について
9月23日~24日は、社内行事のため、お電話でのご注文を14:00までとさせていただきます。予め、ご了承くださいませ。
配送時間

弔電ってどうやって書くの?【豊田市、岡崎市なら明日お届け可能】

どうしても葬儀に参列できない場合、やむなく弔電のみになることがあると思います。そんなとき、多くの方が弔電の書き方で悩むでしょう。弔電は文章に細かい決まりがありますが、覚えてしまえば非常に役立つ知識もあるので、ここでキチっとマスターしておきましょう。

まず、故人に対しては敬称を使います。以下を参考にしてください。

父は「ご尊父様・お父様・お父上様」母は「ご母堂様・お母様・お母上様」祖父母は「お祖父様・お祖母様」夫「ご主人様・ご夫君様」妻「ご令室様・ご令閨様」息子「ご子息様・ご令息様」娘「ご息女様・ご令嬢様」姉や兄「御姉様・御兄様・○○様(名前)」弟や妹「御弟様・御妹様・○○様(名前)」

また忌み言葉は禁止です。忌み言葉の例としては、「重ね重ね」や「再三」「再び」など不幸が続くように捉えられる言葉です。

以下例文となります。
「ご尊父様の在りし日を偲び、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。」
「ご母堂様の突然の訃報に接し、驚きと悲しさを禁じ得ません。
ご遺族の皆様に心よりのお悔やみを申し上げます。」
「お祖父様の生前のご厚情に深謝し、謹んで哀悼の意を表します。」

どうしても葬儀に参列できない場合は、せめて弔電を送る心配りは忘れないようにしましょう。

礼服レンタル.com