■大雨による遅延について
大雨による影響で、九州・中国・四国地方の広い範囲で交通規制が行われております。当店は山口県からの発送の為、交通状況によりましては、全国的に遅延が発生する可能性がございます。お急ぎのお荷物につきましては、お断りする場合がございますので、あらかじめご了承くださいませ。
■詐欺サイトにご注意ください
近頃、「詐欺サイト」が急増しております。当サイトをご利用のお客様が被害に遭われませんよう、対策のポイントをご案内させていただきます。何卒ご注意いただきますよう、お願い申し上げます。

袱紗の色と包み方【豊田市、岡崎市なら明日お届け可能】

葬儀に香典を持っていく際、袱紗に包むのがマナーですが、

袱紗にもいくつかのルールが存在します。きちんとした袱

紗を用意し、正しい包み方をすることが重要になります。

 

まず、葬儀では袱紗の色に細かな注意点があります。紫色は

慶弔どちらでも使用可能なので、利便性を考えるのであれば

紫がお勧めです。このほかの色であれば、寒色系で統一する

という決まりがあります。紺色や鶯色、黒や灰色、それに深緑

などが該当します。袱紗にも自分なりのセンスを入れたい場合

は、寒色系のものを選ぶと良いでしょう。

 

また、包み方も色々あります。一番簡単なのが金封袱紗という
袋型になっているものです。次に、爪付き袱紗というものも
あります。一昔前にはこの袱紗が主流でした。爪のようなものが
布についていて、2枚を折りたたむように包みます。最後は台付袱紗
と言われるものです。中に四角い台紙が入っていますので、非常に
安定感があります。一般的に、高額の香典のときには台付袱紗。
真ん中程度の香典で、爪付き袱紗を使用します。一番安い香典の時
金封袱紗を使用するという、暗黙のルールもあります。
しかし、近年は堅苦しい決まりごとに固執しない傾向なので簡単な
金封袱紗が主流になりつつあります。

 

 

礼服レンタル.com