■ヤマト運輸営業所でのお荷物受け取り中止について
コロナウイルスの影響で、ヤマト運輸営業所が休業または時短営業をしている地域がございます。詳しくは、コチラからご確認くださいませ。
■詐欺サイトにご注意ください
近頃、「詐欺サイト」が急増しております。当サイトをご利用のお客様が被害に遭われませんよう、対策のポイントをご案内させていただきます。何卒ご注意いただきますよう、お願い申し上げます。

ガーメントバックで型崩れを防ぐ【一宮市、豊橋市なら明日お届け可能】

喪服を持ち運ぶ際、皆さんはどのようにして

いますか?お通夜やお葬式に参列するだけで

あれば、喪服を着て会場に向かえばよいので

持ち運びを意識することはないでしょう。しかし、

会場が遠方にある場合などはどうしても喪服を

持ち運ぶことになります。

 

喪服を購入したときに入っていたケースをそのまま

使用しても良いのですが、着ようとしたときに喪服が

型崩れしていたという経験談をよく耳にします。

これは、しっかりと固定せずに収納するため、重力で

下に下がり、シワになってしまうからです。そういう

場合にお勧めなのが、「洋服キャリーバック」です。

「ガーメントケース」や「ガーメントバック」と呼ばれる

こともあります。喪服を入れたカバーを2つ折り、3つ折り

にしてバックとして運ぶことができ、中はベルトで固定

しているものが一般的です。収納するときは伸ばして

クローゼットに吊るすことができるので、カバーとしての

役割を果たすこともできます。これなら型崩れせずに喪服を

持ち運ぶことができます。

 

また、バックの中にはハンガーが付いているため、上着や

ズボンを掛けた置くこともできますし、ポケットもあるので、

喪服とセットで必要な小物なども収納しておけるように

なっています。素材も軽いものが増えていますし、価格も

それほど高くはありませんから、喪服を購入するときに

一緒に買っておけばずっと重宝すると思います。

 

 

礼服レンタル.com