配送時間

結婚式での女性のドレスの注意事項【埼玉に翌日お届けできる礼服レンタル】

結婚式での白色は、花嫁だけのものです。ある意味「特権」

と言っても良いでしょう。そのため、ゲストが全身白色の

ドレスを着用することは、絶対のタブーだと言えます。

 

また、クリーム色や薄ピンクなどの白系のドレスは、写真

を撮ると白く映ることがあるため、こちらも注意しなくて

はなりません。

 

自分の中では「白じゃない」と思っていても、写真に映り

込んだものが白く見えれば、周りからは「非常識な人」と

思われてしまうでしょう。疑わしい場合は着用しない方が

良いと覚えておきましょう。どうしても不安な場合は、羽

織で黒やネイビーなどの色を加えると良いでしょう。

 

「肩が見えている」
「ミニスカート」

 

など、露出の多い服もある意味花嫁よりも目立ってしまうの

でNGとなります。肩の出るタイプのドレスであれば、上品な

ストールで隠すことがお勧めです。

 

ファーなどの毛皮素材やバッグに使用されやすい革素材も、

結婚式ではNGとなります。動物の殺生を連想させるため、

祝い事には不適切とされているからです。

 

近年は、時代の変化でマナーの厳しさが減ってきている傾向

もあり、フェイクファーなどはOKという方もおられます。

しかし、そうでない考え方の人もおられるので、参加される

方の年齢や顔ぶれを確認してから決めるのも良いかもしれません。

 

 

礼服レンタル.com