■イベント等の中止による、ご注文のキャンセルについて
発送前のご注文に関しましては、無料でのキャンセルが可能です。発送後になりますと、送料分として2,000円をご負担いただくことになりますので、イベント等の中止の際には、なるべく早くご連絡をお願いいたします。また、お受け取りされました場合は、全額ご負担となりますので、あらかじめご了承くださいませ。

ご連絡先メールアドレス:emura11@ever.ocn.ne.jp
■ヤマト運輸営業所でのお荷物受け取り中止について
コロナウイルスの感染拡大に伴い、ヤマト運輸営業所でのお荷物受け取りを中止している地域がございます。詳しくは、コチラからご確認くださいませ。また、関東方面については、お荷物の遅延が発生しやすくなっております。あらかじめご了承くださいませ。
配送時間

30代になるとフォーマルが基本【川崎に翌日お届けできる礼服レンタル】

大学生などの若い時期には、喪服を持っていないということは

あり得ることですが、30代となるとビジネスでもプライベート

でも身だしなみについて問われることが多くなります。また、

冠婚葬祭に出席することも多くなるため、最低限のマナーは身

に付けておく必要があります。

 

黒いスーツで喪服をごまかしたり、シューズが安っぽかったり

することも20代であれば何とか許されるものの、30代では礼を

欠くことになりかねません。もちろん、仕事から急に葬儀の場

に赴くような場合は最低限の準備でも致し方ありませんが、時

間のあるときにそのような格好で参列すると「その年で用意し

ていないのか?」と思う方もおられるでしょう。ですから、

30代になれば、恥ずかしくない程度の喪服やネクタイ、白い

シャツや数珠などの一式を揃えておくべきです。

 

一般的に考えると、喪服を購入するタイミングは、30代で1回。

そして50代前後でもう一回といったところです。歳を取ると

体型もあまり変化しなくなりますが、30代であればまだわか

りません。1回目の喪服はそれなりに失礼のない、比較的安価

なものを選択し、50代近くになるとオーダーという形でも良い

でしょう。いずれにせよ、自分の立場にあった服装で参加する

ようにしましょう。

 

 

礼服レンタル.com